アジアのサーファー天国!南台湾の佳楽水

2016年 03月 25日
IMG_3098

台湾のNO1サーフポイントでもある

佳楽水(チャーロースイ)の波

 

你好(ニーハオ)!

 

自由な、波乗りライフを送る

ノマドサーファーこと、元気です^^

 

毎月恒例の「南の島」サーフトリップ!

2016年2月は、南台湾へ行ってきました。

 

結論からお伝えすると、

南台湾は、めちゃめちゃお勧めです!

 

ここ最近は、国内を中心に、、、

 

種子島

屋久島(これは、登山)

オーストラリア(ゴールドコースト)

奄美大島

宮崎

福岡(芥屋)

佐賀(唐津)

伊豆(白浜)

沖縄(本島)

 

と、サーフトリップを続けてきましたが、、、

 

南台湾をお勧めする一番の理由は、

波が良いのに、人が少ない!!!

 

シンプルにこれだと感じました!

 

7日間の旅で感じた、その魅力を

今回お伝えできればと思います!

 

 南台湾のメジャーポイント

佳楽水の宿から徒歩1分、森を抜けると、

目の前にグッドウェーブが待ってます!

IMG_3145

IMG_2988

とにかく人が少なくビックリします!

平日は、ローカルもほとんどいません。

 

南台湾の波情報サイトは25人〜で、

激混みと表示されるそうです(笑)

IMG_3098

基本、波はメローでロング向けですが、

サイズが上がると、

ショートでも全然楽しめます!

IMG_3095

 

今回の目的地、佳楽水(チャーロースイ)

佳楽水は台湾でも、

最も波がコンスタントにあり、

南台湾のメジャーポイントです!

 

シーズンは11月〜3月ごろで、

一番波は豊富ですが、

 

基本的には、

年中サーフィンが楽しめるようです。

 

今回はレンタカーすらせず、

7日間、毎日2ラウンド、

波乗りを楽しみました!

 

水温も暖かく、1月〜3月以外は、

海パン(+タッパー)でサーフィンが出来ます。

 

まさに、

アジアのサーファーズパラダイスです!

 

佳楽水は、台湾の一番南。

 

この下の画像の赤印が、

佳楽水(チャーロースイ)です!

スクリーンショット 2016-03-25 16.39.35

 

南台湾へのルートガイド

昼の12時頃、成田空港を出発して、

 

成田空港

↓(バニラエア4時間)

 

高雄空港(カオシュンと読む)

↓(公共バス2時間半)

 

恒春(ヘンチュン)

↓(タクシー20分)

 

佳楽水(チャーロースイ)

 

という感じで、

半日をかけて、目的地へ向かいます。

 

もし午前中のフライトであれば、

夕方にはサーフィン出来きます。

 

日本から最短最速で行ける、

南の島サーフトリップです!

 

ちなみに今回利用した航空会社は、

バニラエア。

 

セールを利用して、飛行機代は、

往復コミコミで、30000円でした。

 

南台湾サーフトリップの玄関口である、

高雄空港への直便があるのは、非常に便利です!

 

出発前の成田空港!

IMG_2833

 

とりあえず、ビールで乾杯!

今回の旅のパートナー、よしやです!

IMG_2837

高雄空港の上空。

PM2.5の影響か曇ってました!

IMG_2843

 

税関の様子。

「しもーん」と言われたら両指を乗せます。

IMG_2845

 

高雄空港のファミリーマート。

こっちでは全家と言うらしいです(笑)

IMG_2849

 

ファミマに置いてた謎の卵たち、、、

IMG_2852

 

未熟ってなんだ、、、(笑)

IMG_2853

 

南台湾でのSIMカードの購入方法

空港へ着いたら、

まずはiPhone用の「SIMカード」を購入!

 

オンラインビジネスで生計を立てる

僕にはスルーできないアイテムです。

 

今回は「遠博電信」という会社を利用しました。

高雄空港は狭いので、すぐ見つかると思います!

IMG_2850

IMG_2851

 

何社か他にも並んでましたが、

価格とサービスは、

どこもそんなに変わらない様子。

 

7日間「ネット使い放題」で、500元(約1750円)

かなりのお得感!

 

電話代150元(525円)も金額に含まれてます。

 

今回の目的地、佳楽水はかなり田舎ですが、

ネットは、サクサク調子良かったです!

 

 高雄空港→佳楽水までの行き方

高雄空港からまずは、

恒春(ヘンチュン)に向かいます!

 

1時間に1本くらい公共バスが、

出てるという情報。

 

遠博電信の可愛いお姉さんに、

バスのチケットの買い方を聞いてみると、、、

 

「ここで、売ってます!」ってことで、即購入!

通信ショップで、バスのチケットが買えるとは(笑)

 

2時間半の片道270元(945円)でした!

(これまた安い!)

 

空港を出てバス停に向う途中

(たった100mくらいの距離ですが)

いかにも怪しいおっさんが、、、

 

「タクシー乗ってけ〜」と何度も誘ってきます!

 

あまりにしつこくて、逆に笑えました(笑)

しかも提示してくる金額が、なんと2400元(8400円)!!

 

おっさんずっと、

「インポッシボ〜〜(何で乗らないの〜〜!?)」

 

と僕らに叫んでましたが、、、

 

その金額が完全にインポッシブル(不可能)です

まじで!!(笑)

 

で、公共バスを待つこと30分

(当然のように遅れて到着。)

 

空港から2時間半ほどかけて、

恒春(ヘンチュン)へ向かいます!

 

バスの運転手さんは、基本全然英語話せないので、

バスのレシートを見せたほうが早いです、たぶん。

 

高雄空港の、恒春行きのバス停

(空港の外に出て左手に進むとあります。)

IMG_2855

 

サーフボードも余裕で乗ります。

運転荒いので、梱包したほうがベター。

IMG_2857

 

原付の大群が僕らをお出迎え。

とんでもない数でした(笑)

IMG_2877

 

街のバイク屋さん(需要多すぎ。)

IMG_2858

 

恒春に到着すると、

すぐまたタクシーの勧誘に遭いました。

 

どうやらサーフボード持った乗客が、

ほぼ全員、佳楽水に向かうことを知ってるようです!

 

空港同様、怪しいおっさんだと思い、

(本当はいい奴でした。)

 

一度スルーして、近くのセブンイレブンで情報収集。

 

店員さん曰く、今日は佳楽水行きのバスが、

すでに終わったとのこと。

(まだ夕方6時くらい、、、)

 

渋々、さっきのタクシーのおっさんに、

値段を聞いてみると佳楽水まで、

400元(1400円)1人700円。

 

予想以上に、安かったので即決し、

宿に向かうことにしました!

 

見た目は怪しいけど、めちゃ良いおっさん!

IMG_2882

 

佳楽水に泊まるなら「winson house」へ

winson house(ウィンソンハウス)は、

佳楽水ポイントの、

目の前にあるゲストハウスです!

 

メインポイントまで、

徒歩30秒という最強の立地。

 

台北出身のレジェンドサーファーwinsonが、

経営するゲストハウスです。

 

ドミトリー部屋(6人部屋)1泊600元(2100円)。

朝食付きで、1泊750元(2625円)です。

 

オーナーの奥さんと、スタッフのデイソン3人が、

優しく面倒見てくれますよ!

winson house の詳細と予約はこちら

 

winson houseの外観。

IMG_3045

IMG_2890

IMG_2894

 

朝食は、思いっきり洋風スタイルです。

IMG_3183

 

愛犬アホイ。

 

名前の通り、アホでよく怒られてますが、

めちゃ人懐っこくて可愛いやつです!

IMG_2906

IMG_3306

IMG_3310

 

今回の旅で仲良くなった人々

僕らの到着を遅くまで待っていてくれた

宿のオーナーwinson。

IMG_2873

IMG_2870

 

winsonのお友達。

自分でビール作ってました!

IMG_2874

 

名前は怪しいですが、

パンチ効いてて美味しかったです!

IMG_2876

 

宿に着いてすぐ仲良くなった、

香港人サーファー!

 

香港でもサーフィン出来ることにビックリ!

IMG_2886

 

台湾なのにずっと、

「だいすきバリ」のTシャツ着てました。

IMG_2884

 

別の宿に宿泊していた、

日本人サーファー。

 

毎日のように会うので、

すぐ仲良くなりました^^

IMG_3048

 

今回おそらく一番お世話になった、

宿のスタッフ、台湾人のデイソン!

 

一緒に波乗りも出来て最高でした!

IMG_3240

IMG_3395

 

ほぼ毎日通った、

食堂のおっちゃんとおばちゃん。

 

言葉は通じなくとも、

お互い何かが、通じたようです^^

IMG_3406

 

スペアリブと、ワンタン麺。

どっちも約200円と激安です!

IMG_3047 IMG_3115

 

今回トータルかかった費用

移動費、、、

往復35,000円(飛行機、バス、タクシー)

 

宿泊代、、、

2,600×6泊=15,600円(朝食付き)

 

食費、、、5,000円

その他、、、5,000円(SIMカードなど)

 

ーーーーーーーーーーー

合計、、、約60.000円

 

 

特に節約することもなく、

毎日綺麗な海でサーフィンして、

 

6泊7日のサーフトリップ

60.000円は格安だと感じました!

 

お勧めです!

 

 旅とサーフィンと出会い

毎日好きなだけサーフィンしたい!

毎月「南の島」へサーフトリップしたい!

 

そんな

自由な「波乗りライフ」を実現する

 

ノマドサーファー実践メール講座を

配信しております!

 

興味があれば、下のフォームから、

無料でご登録下さいませ!

サブコンテンツ