ドイツでベルリンの壁観光とFCユニオンサッカー観戦!

2017年 10月 24日

ドイツ滞在4日目です!

昨日はベルリンの壁跡地を観光。

 

ベルリンの壁とは何か?珍しくまじめに勉強しました↓

 

第二次世界大戦後、敗戦国のドイツは、

東ドイツ(ソ連)と西ドイツ(米、仏、英)に分けられたわけですが、

東ドイツ側にある大都市ベルリンを、ソ連が独り占めするはオカシイ!

 

みたいなことなり、

ベルリンも東ベルリン(ソ連)と西ベルリンに分けられた、

という背景があるみたいです。

 

しかし、、、経済成長を続ける西ドイツへ、

自由を求めて逃亡する東ベルリン市民が後をたたないため、

西ベルリンを囲むように155キロに渡って有刺鉄線が張られたのです

(たったの1日で!)

 

後にコンクリート壁となります。

 

その日を境に、家族、友達と一生会えなくなった人達は数えきれず、

無理やり壁を超えようとした多くの人が射殺されたりもしました。

 

ある日当然起きたら、

東京の西側がコンクリート壁で囲まれてるようなもんですから、

何とも想像しがたい歴史ですよね。

 

1989年、ソ連の衰退などにより、

自由を強く求める東ベルリン市民の手で、

30年近くに及ぶベルリンの壁は崩壊したのでした。

 

オシマイ。

 

壁ができる前に、自由を求めてさっさと行動を起こした人達は、

少しの努力で自由になり、

まだいいや〜と行動が遅れた人達は、

自由を手にするまで30年近くもかかったわけです。

 

もしすぐそこに、あなたが求める自由があるのであれば、

やはり今できることを今すぐ始めることだと思います!

 

ベルリンの壁から、そんなことを改めて学びましたよ!

 

ということで、僕もドイツ滞在中に、

現在受けてる高額コンサルを再延長!

 

さらに高い壁を乗り越えて、さらなる自由を手に入れるためです!

 

やはりビビッと来たらサクッと行動!ですね。

これがノマドサーファーの成功法則!

 

P.S.

・業界でも超有名なイクメンパパ、大島さん

・1歳の子供と世界一周した、しおみさん

・世界64各国を住所不定に旅した、さわさん、

 

これまでおそらく、

何度も高い壁を乗り越えて来たであろう自由なお三方と、

今回はドイツを一緒に旅しました!

 

 

それでは!チュース(ドイツ語でさようなら)

サブコンテンツ