僕の叔父さんが40年営む、佐世保の名店ステーキサロン・アサクラ(トリップアドバイザー評価4.5)

2018年 04月 16日

ごきげんよう!

Nomad Surfer元気です。

 

世界中を”元気”にするため、

ごきげんに旅する生き方を広めてます!

 

今週はフリーランス仲間との勉強合宿で、

長崎に来ました。

 

実家から、

徒歩15分のホテルに現在滞在中です(笑)

 

実家ではなく、ホテルに宿泊するだけで、

同じ佐世保の街が全く別世界に感じます!

 

これもまた新しい体験。

 

そして昨日初日は、

僕の叔父さんが40年以上営む、

ステーキサロン・アサクラへ。

 

佐世保名物レモンステーキが、

食べられる、

地元の米軍さんにも愛されるお店です。

 

元旦以外、お店はほぼ毎日オープン。

 

仕事一筋、夫婦二人三脚で40年、

愛情のこもったステーキを求めて、

県外からもお客さんがあとを経ちません。

 

アメリカンサイズの豪快なサラダ。

 

一度食べたら忘れられない、愛情ポタージュスープ。

 

僕が子供の頃から、ずっと変わらない味、

特製のレモンソースのかかったフィレステーキ。

 

「元気、叔父ちゃんのステーキは、一番美味いぞ。」

小さかった僕に、

叔父さんはいつもこう言っていました。

 

昔からずっと、

自分のステーキに誇りを持っていたんです。

 

そして僕自身も、

「叔父ちゃんのステーキは一番美味い。」

昔からずっとそう思ってます。

 

ステーキはソースが命。

 

何度も何度も、失敗を重ねて作った、

自慢のソースだとも、僕に語ってくれました。

 

その言葉通り、数年前。

 

旅行レビューサイト、トリップアドバイザーで、

佐世保のレストラン1222軒中、第1位に↓

※現在は第2位

 

平均レビュー評価4.5を見ても、

「これまで食べたステーキで一番美味い!」

との、声も沢山頂いており、

 

叔父さんの心と、

お客さんの心が、通い合っているのを感じました!

 

商売は、買い手と売り手の、

心がひとつになった時に、初めて上手く行く。

 

これは、合宿前日に観た、

てんびんの詩(うた)という商人(あきんど)を

テーマにした映画内のセリフですが、

 

叔父さんのお店を久しぶりに訪ねて、

直にそれを感じました!

 

叔父さんいつも愛情をありがとう!

 

サブコンテンツ