関東海沿いでのソロキャンプは🏕中々ハードル高いかも

2018年 09月 16日

日本1/5周サーフトリップ(湯河原なう)

鵠沼→茅ヶ崎→平塚→吉原でサーフィンしながら、少しずつ南下してきました!

 

昨日から、参加してる勉強会のために1泊2日で、東京に来ておりますが、また明日電車で湯河原に戻ります🚃

レンタカーは、湯河原のコインパーキングに置きっぱなしです(笑)

 

正直、関東海沿いでのソロキャンプは🏕中々ハードル高いかもと感じてます!

そもそも海沿いにキャンプ場が少ない上に、1人だと1泊3〜5千円かかるので、そこまでしてキャンプやるか?という感じになってます笑

 

新島はキャンプ場無料だったし、北海道ニセコは300円だったので、その料金ギャップにも驚いてます!

 

エアマットと寝袋はあるので、日本のソロサーフトリップは、道の駅見つけて、車中泊した方がお金もかからない上、快適で調子良いかもです!

2〜3人だったらキャンプの方が、コスパ良いし楽しいと思いました!

 

でもやっぱりサーフトリップは最高にワクワクするし、楽しいですね!

 

来週は初の静岡上陸、仲間とも合流予定で今度こそキャンプも出来たらなーと考えております🏕

 

サーフトリップを開始して、毎日違う土地で温泉や銭湯に入るのもけっこう楽しみの一つですが、温泉、サーフィン、キャンプ、ついでの楽しみが増えると、行動意欲は高まる一方です!

 

この『ついでに理論』というのは、情報発信でもとても有効です。

 

僕の場合、スクール生に向けて発信したメールの簡易版を、メルマガでも発信し、それをそのままブログに公開し、要点だけ凝縮した内容をSNSで発信する、みたいな感じで、軸を決めて情報発信すれば、

あとはそのメディアや、コミュニティの空気感に沿った感じで、使い回せば発信効率はすごく高まります!

メディアごとに発信内容を変える必要は無いのです。

工夫次第で、ブログ記事をまとめて、電子書籍化したり、コンテンツ化することも、出来ると思います!

 

ご参考までに😄

いつも沢山のいいね、個別ご返信などありがとうございます!

 

■夢
125歳まで、サーフトリップを続けること。

■使命
毎日サーフトリップする仲間をドンドン増やして、世界平和に貢献すること。

 

写真は2年前の新島キャンプ🏝

サブコンテンツ