WordPressでブログを始める手順を画像でシンプル解説【初心者向け】

2019年 08月 14日

 

WordPressでブログを始めたい!」

「でも、どのくらい費用ってかかるの?サーバーとかドメインとかよく分かってないけど大丈夫なの?」

 

今回はそんな悩みを解決します!

 

この記事を書いている僕は、WordPressブログ歴5年。

ブログの閲覧数は5,000PV程ですが、ブログ集客からメルマガでの収益が月30万円くらいあります。

普段はノマドに仕事をしたり、毎月1回は旅に出る生活を送る日々。

 

今回は、WordPressでブログを1から始める手順を画像を使いながら分かりやすく解説していきます!

 

ブログ開設までのロードマップ

 

 

まず、WordPressでブログを開設するまでの全体像をお話ししておきます!

 

そもそも、なぜWordPressがおすすめなのか?

 

WordPressは世界で最もシェアが高く、ビジネス利用もできる無料のブログソフトだからです。

ブログをこれからビジネスに活用していきたいと考えるなら、WordPressはおすすめです!

 

ブログ開設の手順は5つ

 

手順1:ドメインの取得

手順2:サーバーレンタル

手順3:ドメインとサーバーを紐づけ

手順4WordPressのインストール

手順5WordPressの初期設定

 

この手順で進めていけば、初心者でも問題なくWordPressでブログをスタートできます。

 

サーバーってなんだ?ドメインってなんだ?

 

そう思うかもしれませんので、簡単にご説明します。

 

サーバー:インターネット上の土地

ドメイン:インターネット上の住所

ブログ:インターネット上のお店

 

土地を借りて→住所を決めて→自分のお店を作る、そんなイメージです。

 

ブログ開設の費用

 

ドメイン取得:「.com」だと、1,160円(税抜)

サーバーレンタル代:初期費用+毎月のレンタル代

 

WordPressブログ自体は無料で使えます。

 

サーバーレンタルは、日本で一番シェアが高いエックスサーバーの「X10」プランを借りる前提で今回は解説します。

 

以下、公式サイトから引用した料金表です。

 

エックスサーバー料金表

 

仮に、3ヶ月を選ぶと6,600円なので、

ドメイン取得代1,160円と合わせて、最初にかかる費用は7,860円(税抜)

 

※4ヶ月目以降は、毎月1,000円(税抜)のサーバーレンタル代がかかります。

ブログでかかる唯一の固定費ですので、自己投資と思ってこれから回収していきましょう!

 

ブログ開設の時間:約90

 

集中してやれば、約90分で終わります。

途中で中断すると訳わからなくなるので、時間を作って一気にやるのがおすすめです。

 

ブログ開設の難易度:誰でもできる

 

この記事に沿って、順番にやれば誰でもWordPressでブログをスタートできます。

 

手順①:ドメインを取得する

 

それでは、まずドメインを取得しましょう。

ドメインとは、「genkiblog.jp」みたいなURL文字列を指します。

 

「genkiblog」の部分=ドメイン名

「.jp」の部分=トップレベルドメイン

 

どちらも、あなたが自由に決められます。

 

今回はわかりやすいように、お名前.comで、僕が「genkiblog.jp」を購入する事例をもとに解説していきます。

 

お名前.comとは?

 

お名前.com」は、東証一部上場の「GMOインターネット株式会社」が運営するドメイン販売業者です。

創立20年以上の老舗企業ですので、一番安心してドメインを購入できるサイトかと思います。

 

STEP1:ドメインを決める

 

ドメインの「名前」「トップレベルドメイン」を決めていきましょう。

まず、お名前.comへアクセスします。

 

空欄にアルファベットで好きな文字列を入力して、検索ボタンを押してみましょう!

あなたの名前、もしくはブログで発信していきたい情報をイメージできる名前がおすすめです。

 

僕はメインサイトのドメインを「ago35.jp」とテキトーに決めたこと今だに後悔してます。

 

 

以下の画面で、□が空欄であればドメインを取得できます。

※「×マーク」や「メールマーク」が付いたトップレベルドメインは、既に使用済みなので選択できません。

 

 

トップドメインの選び方

 

基本的に自由です。

 

どれを選んでも問題はありませんが、「.com」か「.net」が覚えやすくて無難だと思います。

僕はそのどちらも埋まってたので「.jp」にしました!

 

「.com」:commercial(商業の意味)

「.net」:network(ネットワークの意味)

「.jp」japan(日本の意味)

 

それぞれ意味があるので、調べてみても面白いです。

 

トップドメインを選んだら、チェックを入れて「お申し込みへ進む」をクリック。

 

 

Whois情報公開代行メール転送オプション

□ドメインプロテクション

 

については僕はチェック入れなくてOKです。

内容を確認して「次へ」に進みます。

 

 

STEP2:ドメインを申し込む

 

では、次の画面で必要事項を記入していきます。

 

 

続いて、クレジットカードの詳細を書き込んで、申し込みを完了させて下さい。

 

 

これで、ドメインの申し込みは完了です。

 

 

STEP3:ドメインを認証する

 

申し込み完了後、このようなメールが5件届きます。

その中の下から二番目「【重要】[お名前.com]ドメイン情報認証のお願い」を開いて下さい。

 

 

メールの真ん中あたりのリンクをクリックすると、ドメインの認証が完了します(※期日があるので忘れないよう今すぐクリック)

 

 

以下の画面が現れるので、これで認証完了。

無事ドメイン取得です!おめでとうございます!

 

 

手順②:サーバーをレンタルする

 

では手順②:サーバーレンタルに進んでいきましょう!

サーバーは、前述したエックスサーバーがオススメです。

 

エックスサーバーが初心者におすすめな理由

 

とにかく使いやすいこと、サイト表示が早く安定していて、月額レンタル代が安いこと、などがおすすめする理由です。

 

僕自身も5年くらい長く使ってますが、特に不満を感じたことはありません。

はじめてWordPressでブログを始めるならエックスサーバーはおすすめです。

 

STEP1:サーバーのプランを決める

 

プランはX10がおすすめです。

一番安いプランですが、これからブログを始めるのであればプランX10で十分なデータや機能が備わってます。

 

以下、プランX10の料金表です。

 

エックスサーバー料金表

 

3ヶ月だと、初期費用3,000円+ご利用料金1,200円×3=合計6,600円

という計算です。

 

契約期間を長くするほど、利用料金は安くなります。

あとは、あなたの財布と相談しましょう。

 

STEP2:サーバーを申込む

 

それでは、X10プランで申し込みするため、エックスサーバー公式サイトを開いて、サーバーを契約していきます。

 

右側の申し込みはこちらをクリックして、新規申し込みへと進みます。

 

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は b391d1ffdeb1747a7a12b46ed5a812b0-1024x580.png です

 

次の画面で、左側オレンジ枠の新規申し込みへ進む。

 

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 15d647956ffc82cd63d1a5e5465d22ea-1024x498.png です

 

契約内容を記入する

 

サーバーID(初期ドメイン):自由に決めてOK

プラン:X10プランを選択

 

※この初期ドメインがWEB上に表示されることはありません(お名前.comで取得したドメインが表示されます)

 

エックスサーバー申し込みフォーム

 

会員情報を記入する

 

会員情報を全て記入して『利用規約』『個人情報に関する公表事項』に同意して、お申し込み内容の確認へ進みましょう。

 

エックスサーバー申し込みフォーム

<一部省略>

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 7490bcde41aff70b363a206d038d93b1-1024x359.png です

 

電話やSMSで認証を済ませたら、申し込み完了です。

 

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 1d4bfaff9773f264b4cbfe188794439e-1024x571.png です

 

申し込みが完了したら、登録したメールアドレスへメールが届きます。

IDやパスワードは今後も使うので、無くさないよう保管しておきましょう!

 

 

以上で、エックスサーバーの申し込みは完了です!

 

メールに記載がある通り、サーバーアカウントの試用期間は1週間ですので、期間内に支払いを済ませましょう。

※期間をすぎると凍結対象となり、また1から登録手続きが必要です。

 

STEP3:サーバーの料金を支払う

 

料金の支払い方法について説明します。

エックスサーバー公式サイトから『インフォパネル』にログインします(会員IDとパスワードは、申し込み完了メールに記載)

 

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 8386160ae9f34ffecd0938718a7ed262-1024x596.png です

 

左下の『料金のお支払い/請求書の発行』をクリック。

 

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 868835fa9670436368e5ec452a30a0ae-1024x614.png です

 

先ほど申し込んだサーバーにチェックを入れて、更新期間を3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月、24ヶ月、36ヶ月の中から選び、お支払い方法を選択するへ進む。

 

支払い方法は銀行振込、クレジットカード、PayPal、コンビニ支払いから選べます。

 

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 6ca7a587fbfc0e6e2e2c6de1a65a1cc1-1024x274.png です

 

STEP4:クレジットカードの自動更新設定をする

 

支払いを忘れて一定期間が過ぎると、サーバー契約が凍結してしまう恐れがあるので、クレジットカード自動更新設定をしておくことをオススメします。

 

カード自動更新は、インフォパネル画面左のマニュアル『カード自動更新設定』からクレジットカードを登録すると簡単に設定できます。

 

※うまくいかない場合は、マニュアル「自動更新設定」を参照して下さい。

 

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 7dd2567b65de8090844f0226ad980d05-1024x534.png です

 

手順③:ドメインとサーバーを紐づける

 

次に、今回お名前.comで取得したドメインを、エックスサーバーで実際に使えるように(URL表示させるように)紐付ける設定をしていきます。

 

STEP1:お名前.comの設定

 

まずは、お名前.comにIDとパスワードを入力してログインします。

 

 

左上のTOP画面から、画面左下の「ネームサーバーを設定する」のタブをクリック。

 

 

1.ドメインを選択して

2.ネームサーバーで「その他」を選択

 

ネームサーバー3までしか表示されていないはずなので、+マークを押して、ネームサーバー5まで表示させる。

 

 

以下の、文字列をそれぞれの空欄にコピーペーストします。

:から右側の文字列をコピーペーストしていくだけです。

 

ネームサーバー1(必須):ns1.xserver.jp

ネームサーバー2(必須):ns2.xserver.jp

ネームサーバー3ns3.xserver.jp

ネームサーバー4ns4.xserver.jp

ネームサーバー5ns5.xserver.jp

 

打ち込んだら、設定ボタンをクリック。

 

 

「完了しました」と表示されたらバッチリです!

 

 

STEP2:エックスサーバーの設定

 

次にサーバー側を設定していきます。

 

エックスサーバーの「サーバーパネル」にログインします。

インフォパネルでなく、サーバーパネルです。

 

IDとパスワードは届いてるメールに記載されています。

 

 

画面右上の「ドメイン設定」をクリック。

 

 

ドメイン設定追加のタブをクリックし、お名前.comで取得したドメインを入力する。

 

☑︎無料独自SSLを利用する(推奨)

☑︎高速化・アクセス数拡張機能「Xアクセラレータ」を有効にする(推奨)

 

これらはチェックのままでOKです。

 

内容に間違いなければ、「追加する」をクリックします。

 

 

これでドメイン設定の追加も完了です。

 

 

これでドメイン追加は完了ですが、反映されるまでに数時間〜24時間かかる場合があります。

 

その間に、ワードプレス(WordPress)のインストールを終わらせちゃいましょう。

 

手順④:WordPressをインストールする

 

手順1:ドメインの取得(済)

手順2:サーバーレンタル(済)

手順3:ドメインとサーバーを紐づけ(済)

手順4WordPressのインストール(今ココ)

手順5WordPressの初期設定

 

それでは、いよいよ取得したドメインにWordPressをインストールしましょう。

ここは簡単なのでソッコー終わります!

 

WordPressをインストールする

 

まずは、サーバーパネルにログインして左下の『WordPress簡単インストール』のタブをクリックします。

 

 

WordPressインストールのタブを開き、必要事項を記入していきます。

 

サイトURL:空欄でOK

ブログ名:ブログのタイトル(あとから変更可)

ユーザー名:ログインに必要(メモしましょう)

パスワード:ログインに必要(メモしましょう)

メールアドレス:管理しやすいメールアドレス

キャッシュ自動削除:ONにする

データベース:自動データベースを生成する

 

 

内容が良ければ「インストールする」をクリック。

赤字の注意書きは気にせずOKです。

 

 

以下の画面に切り替わったら、WordPressのインストールは完了です!

おめでとうございます。

 

 

WordPress管理画面へのログイン方法

 

インストールが完了すると、WordPressの「管理画面URL」と「ユーザー名」「パスワード」が発行されます。

 

管理画面のURLをクリックします。

このURLは、これから毎日使うのでブックマークしておきましょう。

 

「ユーザー名」と「パスワード」を入力すると管理画面へログインできます。

 

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 2a0fcf15cc5ae962a35955b4f5404f9a.png です

 

以下のようなWordPressの管理画面が開きます。

ここから、記事の投稿からデザインの変更まで全てを行います。

 

 

左上のホームボタンを押すと、現時点でのあなたの「サイトURL」が表示されます。

 

Hello world!

 

良い言葉ですね!

 

 

手順⑤:WordPressを初期設定する

 

では最後、WordPressの初期設定に進んでいきましょう。

ここが終われば、WordPressでブログを書き始める準備が整います!

 

あと一踏ん張り!

 

初期設定は4つです。

  1. パーマリンクの設定
  2. httpの設定
  3. プラグインの設定
  4. テーマの設定

 

1.パーリンクの設定

 

パーマリンクの設定とは、URLリンクの表示方法の設定のことです。

「genkiblog.jp/◯◯」

 

◯◯の部分をカスタマイズできるように設定しておきます。

なぜなら、リンクをシンプルにするほど、Googleからの評価が上がりやすいことと、自分自身でも管理がしやすいからです。

 

僕はここを数字ベースに設定していて失敗しました。どれがどの記事が見分けがつきにくいです。

 

はじめのうちからしっかり設定しておきましょう。

 

まずは、管理画面の「設定」→「パーマリンク設定」をクリックします。

 

 

カスタム構造にチェックを入れて「/%postname%/」と入力して一番下の「変更」を押します。

 

 

この画面になれば設定完了です。

 

 

2.httpの設定

 

次にhttpの設定です。

httpとは、http://genkiblog.jpの前にくっ付いてる文字列のことです。

 

設定は2つあります。

  1. http→httpsに設定
  2. httpsをリダイレクトする

順番にいきます。

 

http→httpsの設定

管理画面から「設定」→「一般」と進み、

 

WordPress アドレス (URL)とサイトアドレス (URL)のhttpのあとに、sを付け加えて変更保存を押します。

 

ちなみに、キャッチフレーズは空白でOKです。

 

 

http→httpsリダイレクト設定

 

続いて、htts→httpsへのリダイレクト設定です。

 

ようは「http」にアクセスしても、「https」にリンクが飛んでくれるようにする設定になります。

もうここは難しく考えず、初期設定とお考え下さい(笑)

 

ここではエックスサーバの設定が必要になります。

エックスサーバーの「サーバーパネル」にログインします。

 

 

左下の.htaccess編集をクリックする。

 

 

あなたが取得したドメインを「選択する」

 

 

.httaccesタブをクリックすると、目を背けたくなるような文字列が並んでいるかと思います(笑)

 

この文字列をコピーして、メモ帳などに保存しておきましょう。

※万が一しくじった場合でもすぐに復活できます。

 

 

 

保存したら、以下の文字列をコピーして、既存の文字列の一番上にペーストして下さい。

 

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R,L]
</IfModule>

 

追加すると、こんな感じになるはずです。

良ければ「確認画面へ進む」→「実行する」を押して下さい。

  

 

こちらの画面に切り替わればOKです。

http→httpsリダイレクトの設定まで、全て完了となります。

 

 

3.プラグンの設定

 

プラグインとは、WordPressをより使いやすくするための拡張機能のことを言います!

スマホでいうところのアプリみたいなものだと思って下さい。ほとんどのプラグインは無料でインストール可能です。

 

プラグインの導入に関しては、こちらのWordPressのおすすめプラグインは8つだけ。断言しますでかなり詳しく解説してありますので、参考にして設定されてみて下さい。

 

4.テーマの設定

 

テーマ設定とは、ブログのデザイン設定のことを指します。

WordPressでは、テーマをインストールすることで簡単にデザインを変更することが可能です。

 

テーマには、無料のものと有料のものとありますが、有料のテーマをおすすめします。

理由は、見た目も洗練されたデザインが多く、機能が充実していて初心者向けだからです。

 

ちなみに、当ブログは有料の賢威(けんい)というテーマを使っています(カスタマイズしてあります)

こちらの「WordPress初心者に賢威をおすすめする理由」に詳しく書いていますので、参考にして下さい。

 

他のテーマに関しては、こちらの開発者の僕が選ぶ、WordPressのおすすめテーマ。7種類を厳選した」が参考になると思います。

 

ということで、長くなりましたが、ここまで設定したらWordPressで記事を書き始める準備は整いました!

 

ブログは数ある情報発信メディアの中でも、一番ストック(資産化)しやすい媒体だと思います。

さっそくブログ記事書いてみましょう!

サブコンテンツ