ブレインダンプで『究極のTODOリスト』を作るやり方

こんにちは!ノマドサーファーこと元氣です。

「今、自分が取り組むことは、本当にこれで良いのか?」

「何か他にやるべきことがあるんじゃないか?」

そんなモヤモヤすることってありますよね。

今回は「これ以外に今やることは他にない!」そんな『究極のTODOリスト』を作るブレインダンプのやり方をご紹介します。

谷澤潤さんの書籍『ブレインダンプ』を参考に、僕が5年前から実践してきたやり方をなるべくシンプルに分かりやすくまとめた内容です!

この記事を読んで、より理解を深めたいと思った場合は、書籍も合わせて参考にして下さい。

参考:ブレインダンプ/谷澤潤(販売価格:1620円)

ブレインダンプとは?


「アメリカで成功している起業家は全員やっている。」

「ブレインダンプやってる人とやってない人では、年収が18倍変わる。」

そんな話を聞いて、2013年に始めたブレインダンプ。

実際のやり方を紹介する前に、そもそもブレインダンプとは何か?について簡単にお話しします。

ブレインダンプの意味

ブレインダンプとは、英語にすると、Brain(脳みそ)をDump(吐き出す)という意味で、要はあなたの脳みその中身を全て書き出す、という作業を言います。

ここでは、そんなブレインダンプを実践して、あなたの脳みその中身を全て書き出し、それに優先順位を付けるコトで「これ以外にやるコトは他にない!」そんな『究極のTODOリスト』を作ることが目的です!

ビジネスに関わらず、結果を出すために最も必要なことは行動することだと思っていますが、究極のTODOリストを作ることで、あなたの迷いは無くなりバンバン行動に移せるようになるでしょう。

どっちがやる気になるか?

例えば、あなたがiPhoneを無くしたとして「絶対家の中にある!」と思って探すのと「昨日の居酒屋に忘れたかも?」と思いながら探すのでは、どちらがモチベーションが上がるでしょうか?

誰しもが前者だと思うんですが、それと同じです。自分の中で「やるべきことはこれだけだ!」と確信が持てたとき、僕らの行動は驚くほどに加速します!

ブレインダンプ準備編

用意するモノ(手書きの場合)

・模造紙か、ホワイトボード、大きめのノートなど、いずれか一つ

・カラーペン

用意するモノ(パソコンの場合)

・マインドマップツール

書籍の中では『手書き』でやることを推奨されていて、僕もはじめは大きめのノートに書いてやってましたが、最近はさすがに慣れてきたのでパソコンで直接書き出してます!

手書きもパソコンもやり方は同じですので、今回はパソコンバージョンで進めていきますね。

パソコンに書き出す場合は、メモ帳やEvernoteなどのメモ管理アプリに書き出しても良いですが、僕のオススメは『MindNode』というマインドマップアプリになります。

僕は以前こちらの旧バージョンMindnode2を有料で購入しましたが、現在は無料でMindNode6 がダウンロードできるみたいです。

あとは、僕の仲間が使っていますが、XmindSimple mind Liteなども無料でダウンロードできるので色々試してみても良いと思います。

作業環境

・6時間以上かける(はじめての場合)

そして時間は最低でも6時間くらいかけて、じっくりやって下さい。

長い!と思われるかもですが、自分の脳みそを全部出し切って空っぽにするので、それくらい、もしくはそれ以上の時間をかけた方が、より良いブレインダンプができるはずです。

楽しいので意外とあっという間ですよ!

それに究極のTODOリストを作ることで、そのあとの数ヶ月間、どれだけの時間を効率化できるか?と考えたら最高の時間投資だと僕は思います。

・なるべく午前中にやる

作業はなるべく午前中にスタートして下さい!なぜなら、僕らは朝が一番エネルギーで溢れているからです。仕事終わりや休日遊び疲れた後にやっても、あまり良いブレインダンプは期待できないでしょう。

できれば、休みの日の午前中に実践してみて下さいね!

・リラックスできる場所でやる

できるだけ、静かでリラックスできる場所で実践して下さい。僕はいつも自宅で一人でやりますが、静かな公園とか開放的な自然の中でやるのもオススメです。

僕も旅先だと、よくビーチやビーチ沿いのカフェとかでやってました!

ブレインダンプ実践編

それではやり方を順番に説明していきます。

STEP①:WANTを書き出す

まずは、ステップ1です。

あなたが今現在、欲しいモノ、やりたいこと、なりたい状態をただひたすらに書き出してみましょう。いわゆるあなたの『WANT』を書き出します。

例えば、

  • 日本一周サーフトリップ
  • サーフボードを買う
  • 細マッチョになる(67キロ、体脂肪率10%)
  • 株式投資を始める
  • 日本各県に友達を作る
  • 遅延アレルギーフード検査を受ける
  • 毎日、本か漫画を読んで学ぶ
  • 両親と尾道(広島)を旅する

などなど、まずはひたすら書いて書いて書きまくる!!

その上での注意点は『我慢しないこと』例えば、一瞬でも「プロサーファーになりたい!」と思ったら「いや、それはさすがに無理だろ(笑)」とか思わずガンガン書いて下さい!

あとで、整理したり断捨離するステップがあるので、まずはあなたの脳の中身を出し切りましょう!出し切ることがここでの目的です。

プライバシー全開なのでモザイクかけてますが、僕のブレインダンプのスクショも載せていきますね。

STEP②:MUSTを書き出す

次は、今現在から、2週間以内にやらなければいけないことを書き出します。いわゆる、あなたの『MUST』リストです。

例えば、

・結婚式プロフィールムービーを自作する

・挙式の誓いの言葉を考える

・メルマガ1通目の設定変更

・ブログの問い合わせフォームを変更する

・ドライアイの目薬を買う

・車庫証明をディーラーへ郵送する

・ボクシングジムへ行く

・7月度の集計を作る

などなど、仕事のことからプライベートのこと、ありとあらゆる小さなことから大きなことまで、とにかく出し切って下さい!

STEP③:IDEAを書き出す

ビジネス(仕事)のアイディアを思い付く限り、たくさん書き出してみて下さい!

今取り組んでいることに関することでも、これからやりたいことでも、稼げそうかどうかは一旦置いておいて、頭に思いついたアイディアを大から小まで全て書き出します!

例えば、

  • 日本一周しながら青空セミナーをして回る
  • WEB集客の個別コンサルを募集する
  • 結婚式ムービーの制作代行をやる
  • サーフトリップYouTubeで広告収入を作る
  • キャンピングカーを貸し出す(未使用時)
  • スクールでオンライン飲み会を開催する
  • 防水の名刺を作って海でサーファーに配る

などです。

ここでも、①WANT同様、「いや、そのアイディアはさすがにないな笑」とか思わず、無心でひたすらに書き出して下さい!

STEP④:PAYを書き出す

借金も含めて、今現在、毎月&毎年、支払わなければいけないお金を書き出します。

例えば、

  • クレジットカード:31.000円
  • Artlist(有料音源サイト):22.000円/年間
  • 楽天モバイル(通信料):2980円
  • ボクシングジム:9.500円
  • 奨学金返済:20.000円
  • アスメル (メルマガスタンド):3.333円
  • Xサーバー(レンタル代):1080円
  • Vimeo(動画配信):1.296円

みたいな感じで、もれなく書き出して下さい(ここは目を背けたくなることがあるかもしれませんが現状を知ることが大切です)

ここまで①〜④を書き出したら、15分くらい一旦休憩して、外の空気を吸ったり、体を動かしたりしてリラックスしましょう!

僕の場合だと、ここまでを2〜3時間かけてやる感じです。

そして書き出した、ブレインダンプ全体を眺めてみましょう!これがあなたの脳みその中身です。ここまでの作業でも、かなり頭の中や気持ちもスッキリして、今までにない充実感を得られるかと思います!

後半のステップでは、これらを整理整頓し、優先順位をつけて『究極のTODOリスト』を完成させていきます!さあ、もう一踏ん張り。

STEP⑤:①WANTリストの優先順位をつける

①で書き出したリストをまず改めて眺めて「あ、やっぱりこれは要らないな」とか「やりたいことと違うな」と思う項目があれば(割とあると思います)リストから削除していって下さい!取捨選択ワークです。

その上で、残ったリストを『欲しい物リスト』と『やりたいこと&なりたい状態リスト』に分けて、それぞれ優先順位の高い順に並べ替えていきましょう。

やりたいことリストが多い場合は、下図のような感じで先に、優先順位(高)(中)(低)に分けたあとで整理するとスムーズです。

これでWANTリストは完成です!あなたが今一番欲しい物と、やりたい事&なりたい状態が明確になりました。

まずは、今一番欲しい物、やりたいことを実現することを目標に、これから完成する究極のTODOリストを行動に移していきます!

STEP⑥:③IDEAリストの優先順位を付ける

②MUSTリストは一旦飛ばして、③IDEAリストを先に整理します。①同様、優先順位の高い項目から順番に並べて変えてみましょう!

ここで言う、ビジネスアイディアの優先順位とは、利益が高い&仕組み(資産)になる確率が高そうな順番です。

僕は①同様、先に優先順位(高)(中)(低)に分けて、その後でそれぞれの優先順位を並べ替えます。

これで、IDEAリストは完成です!優先順位1位のビジネスアイディアを今日から順番に行動に移していきます!

STEP⑦:④PAYリストを整理する

次に支払いリストを整理します。

まず支払いを『月払い』と『年払い』に分けて、さらにそれぞれをビジネスとプライベートに分けて仕分けをします!毎月、毎年、あなたが現在何にいくらお金を使っているのか?一目瞭然でわかるようにしましょう。

これでPAYリストは完成です。借金があればまずは借金を優先して返すこと、そしてこのリストを定期的に見直すことで、無駄な経費をドンドン省けるようになります。

なぜなら、あなたのビジネスアイディアや、このあと完成させるTODOリストが明確になることで、この支払いが必要かどうか?の比較検討がとても容易になるからです。

STEP⑧:究極のTODOリストを作る

いよいよ大詰めです!

ここまで整理済みの、

①WANTリスト(欲しい物、やりたいこと、なりたい状態)

③IDEAリスト(ビジネスアイディア)

④PAYリスト(支払い、借金)

を十分考慮しながら、②MUSTリスト(2週間以内にやらなければならないリスト)に必要なTODOを追加していきましょう!

ここもじっくりやって下さい!あなたのTODOリストを作る作業です。

そしてそこまで終わったら、新しい②MUSTリストの項目を『処理』と『制作』に分けます。ここで言う処理とは、1時間以内にパパッと処理できそうなこと、制作は1時間以上かかる制作物を指します。

例えば、

制作すること

・結婚式プロフィールムービー自作(6h)

・ブレインダンプのブログ記事を書く(6h)

処理すること

・インタビュワー依頼連絡(30m)

・車庫証明提出(30m)

・7月の集計を作る(30m)

などです。

できれば上記のように、作業完了にかかりそうな時間を()で付け加えていきます。

コツは自分が想定しているよりも長めの時間を書いておくことです!そうすることで、万が一終わらなかった時のモチベーション低下を防げます。

例えばメルマガを配信が、1時間半で完了する予定であれば、メルマガ配信(2h)にするとかですね。

ここまで書いたら『究極のTODOリスト』の完成です!おめでとうございます。

STEP⑨:TODOを行動に移す

TODOリストは行動して消化していかなければ、意味がありません。

今回の目的は究極のTODOリストを作ることですが、本来の目的はその先、あなたがやりたいことを実現するためだということは、TODOリストを完成させたあなたなら身にしみてわかるはず。

あなたが書き出したこのリストを着実に実行していければ、遅かれ早かれ必ずビジネスは結果が出るということ(これは断言します)

確実にTODOを行動に移していくにはどうすれば良いか?

僕のオススメは時間割を作ることにあります。2週間以内にやらなければいけないことを、これから2週間のカレンダーの中に先にスケジューリングしちゃうのです。

このときに予め()書きしておいた完了作業時間が役に立ちます。2週間で全てのTODOが完了するように時間割を組んでみて下さい。

STEP⑩:ブレインダンプ後のルーティーン

上記の方法で2週間のTODOリストを消化できたら、今回作った大枠のブレインダンプから『新しい究極のTODOリスト』を作成してカレンダーに落とし込む、あとはこれの繰り返しです。

2週間おきに実践するブレインダンプ自体は、30分もあれば終わりますので、僕は隔週の月曜日にやるようにしてます。

今回の6時間かけて行う大々的なブレインダンプは、4〜6ヶ月に1回のサイクルで行えば十分です!

最後に

今日は時間ができたらやろう、やる気になったらやろう、というスタンスでは、なかなかTODOが消化できないことは、あなたも経験済だと思います。

『時間』もあって、かつ『やる気』もある時なんて、1年のうちに一体何日あるでしようか(笑)

今回のTODOリストは、あなたが何時間もかけて絞り出した究極のTODOリストです。

これまでのあなたが作ってきたTODOリストとは違い、そう簡単にやる気を無くすこともないと思います。なぜなら「これ以外にやることは今ない!」と確信が持てているはずだからです!

スケジューリング通りに行動していけば、2週間後にあなたのTODOリストは全て消え、あなたが予想する以上の成果や結果があなたを待っていることでしょう。

ぜひあなただけの『究極のTODOリスト』作って、やりたいことドンドン実現していって下さいね!

最後までお読み頂きありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です