ハピタスポイントを継続的に貯めてANAマイルで旅するまとめ

こんにちは!ノマドサーファーこと元氣です。

今回は僕がハピタスポイントを継続的に貯めて、ANAマイルで定期的にサーフトリップしている方法をご紹介します。

理想のライフスタイルを実現するために僕が取り組む、情報発信ビジネスの王道ステップは、①実績を作り→②実績を教えて稼ぐことです。まずはあなた自身で実践してみて経験すること、何を発信するにもこれがスタートです。

この記事では、基本的なハピタスポイントの貯め方から、ANAマイルへの交換ルートの最新情報も含めて(2019年9月現在)ひとつの記事にまとめました!

ポイントサイト×マイルは、割と簡単に数値的な実績が作れる上、キャッチーで発信しやすいノウハウだと思いますので、ぜひチャレンジしてみて下さい。

僕が好きな『成功法則ABC』

A当たり前のことを、Bバカにせず、Cちゃんとやる、です。誰にでもできることだからと言って…ほとんどの人が結局やりません!

だから、当たり前にできることをコツコツやった人だけが、いつも良い波に乗れるんだと思います。

ハピタスとは?

ハピタス知らないあなたのために一応解説しておくと、ハピタスとはサイト内の広告を利用して、ショッピングしたり、サービスを受けたりすることで、ポイントを貯めることができるポイントサイトのことです(1ポイント=1円で、マイルにも変えれる)

例えば、ハピタスを経由して『じゃらん』でホテルを予約すると、じゃらんポイントに加えてハピタスポイントが4%貯まったり、ハピタスを経由して楽天カード(無料)に申し込むと7.000ポイント貯まったり、ポイントの二重取りができるほか、

ハピタスを経由して居酒屋などに予約しレビューを書くと、食事代の30%が還元されたりなど、お得にポイントが貯めれる広告を集めた総合サイトみたいなものです。

ハピタスでポイントが貯まる仕組み

上の図だと少しわかりづらいですが、

簡単に説明すると、ハピタスが広告主から得る広告費の一部を、広告利用者(僕ら)にも還元しているからとなります。

日常にハッピーをプラスで、ハピタス(Hapitas)というネーミングの通り、広告主も、ハピタスも、利用者も、三方皆ハッピーな面白いシステムだと僕は思います。

ハピタスの大きな特徴

安心と信頼の実績

運営実績10年以上、累計会員登録数は200万人以上の広告利用に特化したポイントサイトです。1ポイント=1円、交換手数料無料など、とにかく全てがシンプルで使いやすいです。

色んなポイントサイトがありますが、ハピタスが個人的には一番好きで使い続けてます。

お買い物安心制度がある

ポイントサイトの性質上、ハピタスの広告を利用して買い物したけど、ポイントが付かないというトラブルが時々起こったりします。

が、ハピタスに広告を利用したことをお知らせすれば、ポイントを保証してくれる制度が整ってるので安心してネットで買い物ができます。

これもハピタスがポイントサイト業界で今だに一番の人気を集める理由だと思います。

紹介制度がアツイ

こちらは後述しますが、他のポイントサイトに比べ、紹介制度が充実しているのもハピタスの特徴です。

ハピタスを紹介した友達が貯めたポイントの最大40%が、毎月貯まるハピ友と呼ばれる紹介制度で、僕も含めてこれが決め手でハピタスを使い続ける情報発信者も多いと思います(※2019年10月から紹介制度がリニューアル)

ハピタスを始める

それではさっそくハピタスの始め方を順番に解説していきます。

ちなみにですが…ハピタスポイントを約5万ポイント貯めると、ANA航空のエコノミークラスでハワイを往復できます(ハピタスポイント→ANAマイルへの交換率は、後ほど紹介するルートで70〜80%)

5万ポイント貯めると聞くと大変と感じるかもしれませんが、ハピタスで5万ポイント貯めるのは全然難しくないです。やるか、やらないか?それだけです。

ハピタスの登録方法

ハピタスの登録は1〜2分で終わるので、以下の手順に沿ってまず無料登録をお済ませ下さい。

①ハピタスの新規会員登録(無料)ページに飛んで

②右上の新規会員登録(無料)をクリック

③右の会員登録(無料)するへ進む

④以下の必要事項を全て記入し、同意して確認画面へ

⑤折り返しメールが届くので電話番号認証して登録は完了

ログイン画面から届いたメールアドレスとパスワードを入力すると、ログインできるようになり、ハピタスを利用することが可能です。

ハピタスでポイントを貯める

ハピタスでのポイントの貯め方は大きく4つ、買い物で貯める、申し込みで貯める、モニターで貯める、紹介して貯める、です。順番にみていきましょう。

買い物で貯める

楽天を例に説明します!

ハピタスにログイン後、画面左上の検索窓で、楽天と検索すると出てきます。

もしくは、人気の楽天やメルカリ、ヤフーは、検索窓下の注目ワードにいつも表示されてますのでそちらをクリック。

あとは、広告の右側にある黄色いタブ『ポイントを貯める』をクリックして、楽天のサイトからいつも通りお買い物をするだけです。

楽天以外にも、あなたが普段使いしているサイトが他にもあると思いますので、色々検索してみると面白いです。

右上のショッピングからカテゴリー別に探すこともできます。

申し込みで貯める

申し込み案件は、基本ポイントが高いので狙い目です。普段使いできそうなクレジットカードを申し込んでみたり、FXに興味があれば、FX口座の案件もたくさんあります。

僕は旅行が好きなので、ホテルの予約はいつもハピタス経由でエクスペディアやじゃらんを利用してます。

特集一覧をチェックする

大量ポイント特集とか、FX特集とか、その都度更新されるので小まめにチェックすると良いです。画面左上→その他から特集一覧を閲覧できます。

モニターで貯める

モニター案件とは、ハピタス経由でモニターとしてお店(例えば居酒屋)に行き、後日アンケートに答えることで、25%〜50%の還元ポイントがもらえる案件となります。例えば、お会計が1万円で50%還元だと5000ポイント貯まる計算です。

飲み会の幹事とかやるなら、かなりオイシイ案件だと思いますね、ただしモニターは抽選式ですので、抽選に通ることが条件です。

店舗モニターの他にもうひとつ通販モニターもあり、こちらも流れは同じですが、還元率が店舗モニターよりも高いのが特徴です。中には100%還元の案件もあるので、レビューの多さ、レビューの内容を参考に試してみるのも面白いと思います。

紹介して貯める

こちらは上級者向けですが、ハピタスを紹介することで、紹介した人が貯めたポイントを継続的に受け取れるシステムです。はじめてハピタスに取り組む場合は、飛ばしてここまで解説した貯め方をまず実践してみて下さい!

自力でハピタスポイントが貯まりだしたら、徐々に紹介することも視野に入れていくと良いでしょう。

紹介するのは、リアルの友人や家族でも良いですが、やはりインターネットを活用した方が効率的です。僕の場合は、ブログ&メルマガなどで、自分のことをある程度信用してくれている相手に紹介してきましたが、多い時で毎月10万ポイントくらい受け取っていました。

ハピタスの紹介手順

ハピタスを紹介するには、ホーム画面上の『友達紹介』→『ハピ友で紹介』をクリックします。

次の画面で、メール、ブログ、SNSなど、あなた専用のハピタス紹介URLを受け取ることができます。

※2019年10月からハピタスの紹介制度が変わります。

これまでの紹介制度はハピ友制度と言って、ハピタスを紹介した友達が毎月貯めたポイントの10〜40%が毎月還元される仕組みでしたが、2019年10月からリニューアルして、ハピタスフレンドという名前に変わるようです。

報酬率の上限が40%→45%に上がるということで、一瞬テンション上がりましたが、よくよくハピタス公式サイトの詳細を確認すると、報酬の計算式が複雑になっており、正直何が何だかよくわからないシステムになってました。その名もハピフレスコア。

個人的な予想では、ハピタス側が紹介報酬のコストを削減するための戦略だと思いますが、これまでたくさんポイント還元して頂いたハピタスさんなので、とりあえず引き続き紹介しながら様子を見たいと思います(また進捗があればこちらの記事を更新します)

リニューアルの詳細については、ハピタス本家の記事を貼っておきますのでそちらを参考にして下さい。

参考:ハピタス紹介制度リニューアルのお知らせ

ここまでが、ハピタスでの基本的なポイントの貯め方になります。

ハピタスポイントをANAマイルに交換する

上記までの方法で貯めたハピタスポイントは、現金を始め様々なモノに交換することが可能ですが、僕のオススメは断然ANAマイルです。

マイルについての知識などはここでは割愛しますが、一般的に1マイルの価値=2円以上と言われていますので、ポイントは現金に変えるよりマイルに変えた方が断然お得となります。

ハピタスポイント→ANAマイル交換ルート

こちらは、定期的に変動が多いのも事実ですが、現時点での一番高い交換ルート先は、TOKYUルートになります。約1ヶ月ほどでANAマイルに交換できる上、交換回数も3回と少ないので一番オススメです(2019年9月現在)

以前までのルートは、交換回数6回で3ヶ月以上とかでしたので、正直とてもブログなどで紹介する気になりませんでした(笑)

交換の手順は以下の通りです!

このルートで交換すれば75%という高い比率で、ハピタスポイントをANAマイルへ交換できます。また交換ルートや交換比率は変わる可能性がありますので、あくまで現時点です。

①ハピタス→ドットマネー

ドットマネーに無料登録後、ハピタスホーム画面右上のポイント交換→ドットマネーギフトコード→交換申し込みへ進んで、交換手続きが行えます。

約3営業日ほどでドットマネーに反映されるはずです。

②ドットマネー→TOKYUポイント

ドットマネーにログインして、マネーをつかう→TOKYUポイントに進むと交換手続きが可能です。こちらは15日〜30日でTOKYUポイントへ反映されます。

※TOKYUポイントに交換するためには『ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード』が必要

以前は、ハピタス経由でこのカード申し込みができたのですが、2019年9月現在広告掲載がありませんので、別のポイントサイトmoppy から申し込みすると良いと思います(1.200ポイントもらえます)

ちなみにモッピーで貯めたポイントも(1P=1円)ハピタスと全く同じTOKYUルートでANAマイルへ交換することができますので、余裕があればハピタスと並行してポイントを貯めるも全然アリです。

ハピタスと同じ案件でも報酬が高かったり、ハピタスに無い案件もたくさんあったりします。

下図のカードが『ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード』ですので、間違えないように申し込んで下さい。

年会費は2.000円(税抜)ですが、初年度は無料です。ポイントサイトでマイルを効率的に貯めていくなら現状必須カードとなります。

③TOKYUポイント→ANAマイル

TOKYUカードのWEB会員サービスへログイン後『ポイント商品一覧』からANAマイルへ交換します。

ANAマイルへは、通常1週間ほどで反映されます。

最後に

長くなりましたが以上が、ハピタスでの基本的なポイントの貯め方から、ANAマイルへの交換ルートの解説になります。

ハピタスポイントで継続的に貯めていくには、将来的にブログやメルマガなどで紹介していくことをオススメしてますが、5万〜10万ポイントであれば、買い物、申し込み、モニター案件だけでも1〜2ヶ月で十分に貯まりますし、月に1万ポイントでも1年間で12万ポイント、年間9万ANAマイルも貯まります(夫婦やカップルでハワイへ行けちゃいますね)

ポイントサイトは、ゲーム感覚で簡単に取り組めますし数値としてすぐ結果に出るので、ぜひチャレンジしてみて下さいね。マイルでの旅は病みつきになりますよ!

それでは最後までお読み頂きありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です