YouTubeでノマドライフに役立つ情報発信中!

ノマドワーカーになるには?【2020年版】ノマド歴5年の旅人が解説 

ごきげんよう!
元氣です!

ノマドサーファーブログでは、これからノマドを目指す人や、既にノマドな人に役立つ情報を発信しています!

今回は、『どうやったらノマドワーカーになれるのか?』

ノマド歴5年の僕なりに、メリットとデメリットも合わせて解説していきます!

そもそも「ノマド」とは?

フランス語が語源で、Nomade=遊牧民 という意味。
定住せずに、次々と移動しながら暮らすスタイルのことです。

ノマドワーカーとは、一般的に”好きな場所で自由に働く”ライフスタイルを指します。

僕も今年の10月からはキャンピングカーで旅をしながら、ノマドワーカーとして働いていた訳ですが、ノマドは旅との相性が非常に良いです。
旅が大好きだ!という方にはこのワークスタイルはオススメです。

よくフリーランスと混同されますが、フリーランスは会社に雇用されていない個人事業主を指します。
一方で、ノマドワーカーは、会社に所属していても好きな場所で働いているのであれば、ノマドワーカーと言えると僕は思っています。

 

どこで働いているのか?

基本的にはwi-fiが飛んでるカフェです。

最近ではコワーキングスペースも増えています。
コワーキングスペースとは、フリーランス等の独自で仕事をしている人たちが、ひとつの場を共有して仕事をする”共有ワークスペース”です。
有料の会員制が多いです。
僕もまだ利用したことが無いので、近々利用してみようと思っています。

他にも僕はサーフィンと旅が好きなので、海外をサーフトリップしている時は、ホテルやゲストハウスで仕事をしていました。

 

ノマドワーカーに必要なものは?

仕事内容にもよると思いますが、僕のWeb関係の仕事だと次の5つです。

①MacBook Pro
主に動画編集で使っていますが、簡単な文章や動画投稿等はiPhoneを使ったりもしています。

②ANKERモバイルバッテリー
カフェで長時間作業する時には必須です。

③BOSEワイヤレスイヤホン
カフェでの動画編集作業に使用したり、逆に周りの騒音をカットする場合にも使用しています。

④ブルーライトカット眼鏡
特に僕の場合は、サーフィンで紫外線を浴びることが多く目が弱いので、PC画面から目を守るのに必須です。

⑤Canon EOS Kiss M ミラーレスカメラ
情報発信用に使用しています。あまり動画には適したカメラではないのですが、今は初心者が使いやすいこのカメラを使っています。

 

ノマドワーカーのメリット

①”好きな場所”で働ける
僕は旅がしたくてノマドワーカーになりました。
ノマドワーカーになったから、旅をしたのではなく、旅がしたくで、この働き方を選んだのです。
尊敬する高城剛さんがよく言っていますが、「移動距離とアイディアは比例する」。
僕の仕事は文章を書いたり、映像を編集したり、アイディアを出したり、カッコつけて言うとクリエイティブな仕事なので、その点においても自分にはメリットだなと思っています。

②”好きな時間”に働ける
外せないイベントや、大事な予定がある時には、自分の都合で仕事をずらせるので、予定を組みやすいです。2年前に父が入院した際にも、実家の長崎に帰り、看病しながらも仕事が出来たので、家族に万が一があった場合も融通が効きます。

③人間関係に悩まなくなる
基本的に僕のスクール生は、僕と価値観の合う仲間が多いです。フリーランスの仲間も気が合う仲間ばかりです。逆に気が合わない仲間とは距離を置けば良いだけなので、人間関係の悩みがなくなります。

 

ノマドワーカーのデメリット

①孤独になりやすい
特に最初は結果も出ないので、ひとりでパソコンに向かってひたすら作業するというのは孤独に感じることが多いです。

②モチベーションの維持が難しい
これも同じで、原因は”ひとり”だからです。
解決方法は、僕の経験上、”仲間”を作ることですね。
自己投資してコミュニティに参加したり、スクールに参加したりすることで、仲間から刺激をもらい、モチベーションの低下を防いできました。

③収入が不安定
これは一番大きなデメリットかもしれないですが、どんなフリーランスの仕事でも一緒だと思います。

 

どうやったらノマドワーカーになれるの?

自由な場所で働ける収入源をつくることです。

①情報発信ビジネス
僕がこの4年間提案し続けているのは、『情報発信ビジネス』です。
情報発信ビジネスとは、あなたのスキルや経験を情報に変え、コンテンツ化(商品化)して、販売したり、コンサルティングする仕事です。
僕のようにオンラインスクールにして会費をいただくという方法もあります。

②Web系のフリーランス
ライター、デザイナー、プログラマー、エンジニア等のスキルを身に付けて、仕事を獲得していくというスタイルです。
業務委託契約を結び会社から仕事をいただくパターンと、自分から営業をかけて自分で仕事を取りに行くパターンがあります。

スキルを身に付ける方法は、高いお金を払ってスクールに足を運ばなくても、オンラインでの講座がたくさんあります。
僕が現在受講しているのは、「Udemy」というオンラインの教育プラットフォームです。
世界最大のコースラインナップで10万以上の動画学習サービスがあります。
僕は英語の勉強も兼ねて、海外の動画で学習している最中です。
定期的に、しかも頻繁に90%OFFになる破格のセールを開催しています!24,000円の講座が2,400円で受けられちゃいます。
もともと海外のサービスでしたが、ベネッセさんが買収し、日本での展開にも力を入れているようです。
クオリティがめちゃくちゃ高いのでオススメです!

③YouTuber、Vloger
今からスキルを身に付ける方に僕がオススメしたいのは、動画編集です。
もうすぐ5Gの時代が来ますからね!
YouTubeはもちろん、Vlogを始める方も増えてきています。
好きなことを世の中に発信して仕事にしていくスタイルです。

これからYouTubeを始める方に是非読んでいただきたい書籍があります!
最近読んだ鴨頭嘉人さんの『カンタンに売れるのになぜYouTubeをやらないんですか!?』という本です。
既にYouTubeを始めている人にもオススメです。
鴨頭さんは、広告収入を得るYouTuberスタイルはもう終わっている、これからはビジネスYouTuberになるなるべきだ、と言っています。
これからは、自分のスキルや売りたい商品のためにYouTubeをやるというのは必須であり、需要はどんどん高まっていく、というお話です。
是非読んでみてください。大変面白く参考になります。僕も妻も数時間で読み切っちゃいました!

④会社員ノマドワーカー
これが一番現実的かもしれませんが、在宅(リモート)ワークできる会社に就職することです。
自分で何かをやりたいというこだわりが無ければ、これが一番手取り早いかもしれませんね。
まずは会社員としてノマドワーカーになり、その後フリーランスとして独立する、という選択肢も良いかもしれません。

ということで、今回の記事は以上になります!
少しでもノマドを目指している方の参考になれば嬉しいです!

今後もノマドに役立つ情報を発信していこうと思っているので、是非チェックしてみてください!

最後までお読みいただきありがとうございました!
それではまた!ごきげんよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です